痛みをやわらげる対策「温めてください」の本当の意味。

対策

今日で1月も終わります。

2月もまだまだ寒い日が続きますね。

寒さで身体が縮こまってしまい、あちこち痛みが出る人もいるのでは?

 

そんな時は、手を前から上にあげて深呼吸をしましょう!

でも、身体に不調のある方は痛みを感じることもあると思います。

筋肉は伸びません(笑)

ほどよく気持ちのいいところで行ってください。

 

本題です。

 

そもそも、動かすと痛いのに深呼吸させるなって感じですよね。

そうです、痛みを感じる、身体が固まっている方は身体を温めるのも一つの方法です。

 

ただ、ここで勘違いが起こります。

 

よく、治療院から帰るときに、

「身体を温めてくださいね」

と言われると思います。

 

もちろん、温めることは大切です。

 

なので、対策として

  • 温めたタオルを使う
  • 身体を温める食べ物を食べる
  • カイロを使う
  • お風呂に入る

などをして、血行を良くして楽にしていきます。

これは、あくまでも一時的な効果であり対処療法です。

実際は根本改善をした方が健康的です。

 

筋肉が固まって動かない。

ということは、冷えている。

なので、冷えを取るために温める。

ごくごく、当たり前のことであるんです。

 

が、しかしです!

 

温めたら、冷えるんです。

身体に温める機能が弱まっているのなら、

痛みのある箇所は、いずれ冷えるんです。

 

だから、大切なことは冷やさないことです。

 

そして、温め過ぎないこと。

例で言えばお風呂です。

ついつい熱いお風呂に入りたくなります。

入ると楽になるから、気分も上がりリラックス出来ます。

 

しかし、上がった熱は下がります。

なのでお風呂上がりの対策が肝心です。

 

お風呂の入り方

 

40℃から42℃くらいのお風呂に15分から20分くらい浸かります。

お風呂を上がったら、すぐに着替えをしてドライヤーで髪を乾かします。

布団に入るまでは、身体を冷やさないように対策をします。

布団に入る前に、湯たんぽなどで布団を温めておきましょう。

※個人差はありますので、参考程度でみてください。

※これは、あくまで改善ではなく対処法です。

 

痛みという症状が出ている。

ということは、もう何年も前から身体は負担がかかり歪んでます。

痛みとは結果です。

 

痛みの感じられる方は、一度治療院に行ってみてはいかがですか?

 

僕は根本的に身体を改善して、健康に生活することをすすめます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました