ホントは違う?1日3食が身体を壊す

健康寿命

「一日3食」という、

昔からの固定概念。

 

あなたはありませんか?

 

なぜか、皆が言うから常識という中で、

お腹も空いていないのに、決まった時間に食べる。

 

お腹が空くかも知れないから食べる。

 

僕もずーーーっと、当たり前のように続けていました。

 

これは、脳が「食べたい」「食べなきゃ」と

勘違いしているのです。

 

腸からしてみれば「準備が整っていない」

状態になっているんです。

 

説明します。

 

腸は、主に「吸収」と「排出」をしています。

 

ですが、吸収と排出を同時に行うことは出来ません。

 

なので排出が行われなければ、

「体内の毒素を排出する事」

「腸を掃除する事」

が出来ません。

 

私達が、1日3食と間食をすることによって、

少なくとも

「体内に毒素を貯める」

「腸が汚れたまま」

「腸が働きすぎで疲弊」

になります。

 

これが、毎日、何年、何十年と繰り返されたら、

身体はどうなると思いますか?

 

そうです。

 

なにが起こるかわからないんです。

 

だから、現代病って色んな症状があるんです。

 

ですから、ちょっと常識を疑って、

今日から腸を労わりませんか?

 

便秘、生理痛、腸を初め身体の症状について
お悩みの方は、いつでも相談に乗ります。

薬が手放せないほどツライ便秘にお悩みの方の、
腸をスッキリ体質改善の専門家として活躍中

腸楽サロン まんま屋

LINE公式アカウント  https://lin.ee/x5zPOlhQ
QRコード

#岡崎市#幸田町#西尾市#安城市

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました