あなたの身体、冷えてます

体温

身体を冷やすことの積み重ねが、病気や症状をうみます。

いつまでも健康で過ごすことは、身体を冷やさないことが大切です。

その目安になるのは、体温だったりします。

36.89℃

今の常識では、「熱がある」と言われるような体温です。

しかし、これが本来の身体の体温なのです。

多くの方が、脇で体温を測ると思います。

この体温計の体温を維持していれば、安心できるのか?

そうとは言えません。

だって、体温が36.6℃あるのに手足が冷えるなんておかしくないですか?

血は、血管を通り、体全体に栄養や酸素、そして熱をとどけて、老廃物をもって帰ります。

その熱が下がる、ということは、どこかで何かがおきている!!

熱が届けられない原因とは??

①血管が硬くなり血が通らない。

頭の先から足の先まで、身体の中には髪の毛よりも細い血管があります。

その長さは、地球1週分とも言われています。

(とにかく、めっちゃいっぱい!ってことです)

その毛細血管全てが正常に流れていれば、身体に異常が起こるはずないですよね?

でも、普段の何気ない生活習慣や食生活により、冷えると血管は冷えて固まります。

そーなると、血は流れにくいし、冷えに熱を奪われ、末端まで熱を届けられないのです。

手足の冷えは、このパターンは多いです。

特に、冷えているところは、血管の通る内臓だったり、

背骨や骨盤だったりします。

当然、腸もかなーり冷えています。

「あの無機質なうんこ」がポカポカなのはなぜでしょう(笑)

②身体全体を温める力がない。

もうひとつのパターンです。

あなたの身体は、あなたの意思とは別に、生存するために働きます。

それを自律神経といいます。

自律神経は、生存のために、今なにをするか無意識下で行います。

心臓動かしたり、呼吸したり、食べ物を消化したり、血を流したり??

血を流す?

そうなんです、どこに血を流すか、熱を運ぶかは自律神経が決めるのです。

全身に熱を運ぶ力がないと判断すれば、大切なところを身体は守ります。

どこでしょう?

それは、内臓です。

なので、手足に熱を届けることができなくなります。

体温だけで判断すると、一見健康そうに見えても身体に冷えがあることに気付きません。

そもそも、今の日本の環境、生活様式、食生活、人間関係から考えると、身体に冷えのない人などいません。

なので、年々よくわからないようなアレルギー疾患や病気が増えてきます。

健康に元気に生活したいのなら、生活習慣や食生活などを見直して、身体を冷やさない生活が必要だと僕は思います。

次はなに書こう・・・

なぜ、急に手足がポカポカ、ムズムズになる?

自律神経の乱れ?

身体を冷やさない生活習慣?

文章にすると難しいんだよなあ。

もしよければコメント欄の書いてください^^

----------------

✔色んな健康法をやるも、うまくいかない
✔毎日薬を飲んでるけど、薬に頼りたくない
✔病気や症状の原因がわからない

そんな人の為に投稿しています♪

◎美容と健康が同時に欲しい方
◎本気で体質改善したい方
◎痛みや症状の原因が知りたい方
◎もう、病気や症状に悩む毎日から抜け出したい方

すべてお任せください!

★初回限定のキャンペーン実施中★
⇒ご相談や施術予約はLINE@でもご案内しています

LINE@登録で無料の自律神経が整う動画をプレゼント!!
ID @pfh8152b

✩詳しく知りたい方は✩
プロフィール欄のURLをクリック!!

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

フォロー・いいね!が励みになります!!
@cyourakusaron.manmaya

-----------------

#岡崎市#幸田町#西尾市#安城市

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました